浮気調査を興信所に利用する時、一番気を付けなければいけないのがその依頼がどのくらいの長さになるかということです。
調査期間が延びてしまうとそれだけで金額が跳ね上がっていくので、注意が必要です。
そのことを考えるあまり興信所の探偵に調査に役立つ情報を引き出すためだからと、ターゲットの事を調べようとする行動には慎重にやらなければならないことが多いです。
派手に動き過ぎると相手に警戒されかねません。

一番やっていけないのは相手のスマホのロックを勝手に解除してメールなどを見ることです。
法律上は夫婦間でのスマホなどを見ること、過去にあったメールを見ることは禁止されていません。
しかし相手にばれてしまうといろいろと厄介事につながります。
言い訳されて浮気を隠してしまうことで興信所の調査妨害になってしまいかねません。
まだ浮気を隠そうとするだけならいいのですが、スマホを勝手に見られたという事実に怒って浮気問題どころではないほどの大問題になってしまう事もあるのです。
それ以外にもスマホのメールを見るまではいいとしても、新着のメールを勝手に開いたり相手にメールを送りつけてしまったりすると犯罪扱いになるので注意が必要です。

どうしても相手のメールが気になるのであれば、夫婦間でメールを見せるということをルールづけるといいでしょう。
余計な行動をとって事を大きくすることで、依頼自体をめちゃくちゃにしてしまう恐れもあります。
依頼する前に仕事の時間など普段の行動範囲を伝えてあとはプロに任せた方がいいでしょう。