意外な事に、浮気調査を依頼するのは何も配偶者や交際相手だけではありません。他に、配偶者や当人の身内が浮気調査を依頼する事もあります。更に、配偶者ではなく、愛人いわゆる自分の浮気相手の浮気調査を依頼するケースも中には見受けられます。浮気相手の浮気調査となると話が混乱しそうですが、実際にあるようです。

浮気自体、不貞行為とみなされ、裁判になった際はかなり不利になります。その為、依頼する場合、大手の興信所や探偵事務所ではなく、個人で探偵業務を行っている所に依頼する事が多いです。また、大手の興信所等に依頼する場合、対象者が自分の浮気相手という事を伏せた上で、身辺調査として調査を依頼する事もあるようです。個人情報保護法の関係上、お金さえあれば、調査を受けてくれるという訳ではありません。何故調査しなければならないのか、やはり細かく問診されますが、例えば、身内の交際相手や友人で、金銭トラブルについて調べて欲しい等、巧みな理由を作って依頼するようです。

自分自身、配偶者を裏切り、浮気しているのにもかかわらず、自分の事を棚に上げておいて、相手の浮気調査を依頼する自体、決して肯定できるものではありません。万が一、自分の浮気相手が他の異性とも交際をしているとしても、相手を責める筋合いはありません。まさに、自業自得とも言えるでしょう。人に対して親切な行為をすると、自分にも返ってくるといいますが、これと同じで、人を不愉快にさせる振る舞いをしたら、同じように自分にも返ってきます。