浮気調査は今も昔もやはり女性が夫や交際相手の調査を依頼するケースが多いですが、反対に男性が妻や交際相手の調査を依頼している案件が急増してきています。昔は、男性が外へ働きに行き、女性は、家事に勤しむという風潮がありました。その為、女性の場合、人と出会う機会というものは男性に比べはるかに低くなります。

ところが、現在は、男女共働きは当たり前で、女性の場合、フルタイム勤務は結婚後少なくなるとはいえ、パートタイマーで働くケースがかなり多いです。そうなると、仕事先や取引先の異性との出会いの場は増えてきます。専業主婦でいる場合は浮気の心配はないかもしれませんが、パート等で働きに出るようになってから、パート先の同僚や上司と親密な関係になってしまい、最悪の場合、離婚に至るケースも多々あります。

しかも、現在においては、専業主婦であっても、SNSを利用する事で、気軽に出会いを探す事が出来ますので、仕事先の男性より、SNSで知り合った男性と浮気をしてしまうケースが目立ってきています。やりとりは携帯やスマートフォンが主で、持ち運びがしやすいため、夫や交際相手の目からやりとりの証拠たるものを遠ざける事が出来ます。しかし、女性の場合、意外に浮気がばれやすいという傾向があります。SNSサイト等で、お出かけした時の画像を投稿した際、画像から浮気がばれてしまうという事も珍しくありません。

実際、画像に浮気相手が写っていなくても、景色でどの場所か特定する事が出来ます。女性は何か嬉しい事や楽しい事があれば、周りの人にアピールしたがる傾向があります。そういった面から詰めの甘さが出てしまうようです。